投稿

自分を省みる2月

「立春クレアボヤンスメール鑑定」お申込みいただいた皆様、ありがとうございました。 私が想定していたより、お届けするまでに時間を要してしまったことを、改めてお詫び致します。文句も言わずにお届けを待っていただけたことに、心より感謝しています。今日お申込みいただいた皆様には感謝の気持ちで最後のお一人まで、ご連絡することが出来まして、安堵しています。 今年は体調の問題があり、寝込んでから、起き上がり、通常に戻るまでに、思った以上の時間が必要でしたので、お一人ずつゆっくり透視リーディングをしましたが、皆さまそれぞれに4枚変化に富んでいて鑑定をしながら私も楽しんでいました。 今年は皆さまそれぞれに動きのある年なのではないでしょうか。 やはり甲辰は動いて、あらたな兆しが古い殻を破っていくのでしょう。自分の殻を破るためには、自ら腕を伸ばしたり足を動かしたりする必要があるということだと思います。 私は今年の2月・丙寅月は日干に対して天剋地沖のひと月でした。意識するよりも早く、 わーい立春だと、スタートしようと思ったら足がもつれて、地面に叩き付けられるように倒れたような体感です。もう若くないは知っているけれど、もうスタートダッシュなんて出来る年じゃないよって、言われてガーンと、倒れたカラダを抱えて途方に暮れる気分で始まりました。 私の今のテーマは、自分の体力・知力で出来る範囲で本当に出来ることと、少ないエネルギーを工夫して、やりたいことをゆっくりと歩みを進めていく2024年みたいです。それでも私も私なりに、自分の殻は破って行きたいものです。 寝てるしかない時間の中で、改めて自分の内向性について考えたりしました。 今年は私の年運は禄存星ですが、個人的に禄存星をお持ちの方は大好きですが、自分は司禄星が効いているので、禄存星的な能力や魅力の発揮は消耗しそうだなと、腰が引けてしまいます。 私は恥ずかしがり屋とか、人が嫌いとか、コミュニケーションを避けるタイプではないですが、基本は自分は自分というワガママさと、騒がしく人が多い環境より、一人の静かな環境を好んでいますし、ひとつのことに夢中になったり、自分の興味に邁進する、エネルギーが外より内側に向いているタイプだなと思っています。 必要ならいくらでも自己主張出来るし、必要なら楽しくコミュニケーションを求めて行けますが、基本人と接すると消耗するので

お知らせ「祝立春!クレアボヤンスメール鑑定」

2月のお知らせ

今年もよろしくお願いします!

2024年1月のお知らせ

2023年を振り返って

お知らせ「冬至タロットリーディングメール鑑定」

12月のお知らせ

関係性は変わりゆくもの

何をやったらいいか分からない

リフレッシュできる場所を求めて~デイヴィッド・ホックニー展へ

抗わない世界

11月のお知らせ