お知らせ「宿命中殺お茶会」(残1席 6/20現在)

2018年7月1日(日)
 11:00から13:00
「宿命中殺お茶会」
廣田璃波&紅谷柘榴コラボ企画
場所 トナカイノニカイ(南阿佐ヶ谷ウラナイ・トナカイ2階)
料金 3000円(当日会場でお支払い下さい)
定員 6名

お申込み・お問合せ→

宿命中殺とは、自分の天中殺の干支を自分の生年月日の干支の中に持っている人
私は子丑天中殺グループの生まれで、生まれ月が月なので、生月中殺生まれです。

宿命中殺には「生年中殺」「生月中殺」「生日中殺」「日座中殺」「日居中殺」「二中殺」「互換中殺」「全中殺」とあるのですが、この会は講座では無いので、お勉強ではなく、ご自身に宿命中殺をお持ちの方、もしくは家族に宿命中殺の方がいる方とご一緒に、宿命中殺についてお話しするために企画しました。

算命学における「宿命中殺」という言葉、その意味をなんとなくでもご存じの方にお集まりいただけたらと思います。

お申し込みの際に、ご自身の生年月日の他に、ご自身を取り囲むご家族の生年月日も、可能ならご記入ください。あなたを取り囲む家族の命式も参考になります。
―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―

「宿命中殺お茶会」と書いたら、字ずらがちょと恐いですね。

私と廣田璃波先生は4/29のウラナイ・トナカイ新人ちゃん祭りに一緒に出演した仲間です。
そもそもが、天海玉紀先生の算命学講座を通じて知り合い、共に学んだ仲間でもあります。

私は生月中殺なので一生涯天中殺ですが、年運で巡る天中殺の影響は弱いと言われています。
年運で巡ってくる天中殺は時間の推移で作用する、だからその時期をやり過ごせばいいのだとしたら、宿命天中殺は空間と言われていますが、空間って何でしょう。
空間って場や環境・自身や対人含めて空間ととらえるのでしょうかね。
その空間とよばれる中で作用するなら、それらの中で一生やり過ごすのでしょうか?

まあ、突っ込みポイントや、考えても訳わからない!って気持ちが、
私が算命学で初めて鑑定してもらい、あなたは「生月中殺」ですと言われた時からあるんですね。

その時の占い師さんに宿命中殺って何ですか?と聞いたら「枠がない」と説明されました。
「枠がない」わかったようなわからないような…初めはロジックとして理解しても実感出来ないままでした。

私の家族は、私の娘も宿命中殺があります。
璃波先生は宿命中殺をお持ちではありませんが、宿命中殺を持つご家族との経験があります。

ご自身に中殺が無く、お子さんに中殺がある場合の子育ては大変だろうなと思いますので、母親の立場から中殺を持つ子供について話し合うのもいいなと思っています。

それぞれの立場での中殺についての思うところをシェアして、自分以外の中殺現象?
を知ることも、意味あること、と思います。

話して、分かちあって理解を深めたり、気持ちが楽になることもあります。それも大切です。

と、同時に、璃波先生と一緒に、開催する意味は、中殺ワールドに、異なる視点、異なる立場からの声も響かせたいなと思ってです。

ご興味のある方はぜひお問い合せお願い致します。お問い合わせ→